雇われない生き方!フリーランスエンジニアという働き方

フリーランスエンジニア成功への道

フリーランスエンジニアとして成功している人々の体験談と、成功へのヒントを紹介します

フリーランスエンジニアという働き方

フリーランスエンジニアという働き方 終身雇用という言葉が死語になって久しい。終身雇用と入れ替わるように「ノマドワーカー」、「コワーキング」、「クラウドソーシング」、果ては「社畜」という言葉も生まれた。企業に期待せず、縛られず、フリーランスとして生きる道を選ぶ人間が増えているのだ。対する企業も、優秀なフリーランスと共存して生き残る道を模索している。

フリーランスエンジニアを定義する

「フリーランスエンジニア」という資格があるわけではなく、職業名でもない。フリーランスエンジニアとは、ひとつの働き方であり、生き方である。企業と雇用契約を結び、企業の中で従業員として働く会社員、サラリーマンエンジニアに対し、雇用契約を結ばず主にプロジェクト単位で請負契約を締結し、案件ごとの働きで収入を得るエンジニアのことをいう。サラリーマンエンジニアはサラリー、つまり給料が収入である。フリーランスエンジニアは給料ではなく、仕事単位の報酬・売上が収入となる。よって、フリーランスエンジニアは、社会保険も雇用保険も年末調整も無い。個人で国民健康保険と国民年金を払い、必要な保健に加入し、確定申告をして所得税を払う。広義では雇用契約を結ぶ従業員の中でも例外的に、契約社員もフリーランスエンジニアと呼ぶ場合もあるだろう。一般的に期間を限定した雇用契約、又は業務委託契約を行う。

仕事内容はあくまでもエンジニア

会社員であろうが、フリーランスであろうが、エンジニアである以上、核となる業務内容、本質的に発揮すべきスキル、持つべき知識に大差はない。技術者である以上、技術力によって収入が変化するのも同じである。差があるとすれば、その他の業務である。会社員であれば上司へ報告するための作業報告書の作成、人事考課のための自己評価シートの記入などが必要であろうが、フリーランスにはそんなものはない。その代わりフリーランスエンジニアは、契約締結手続きから請求書の発行、伝票処理、入金管理、帳簿作成、税務申告など、会社であれば経理や営業など他部署が処理してくれている業務から社長業まで全てをこなさなければならない。

会社員は拘束時間を売る。フリーランスエンジニアは成果を売る。

能力のあるなしに関わらず、会社員が売るものはまぎれもなく拘束時間である。決められた曜日の決められた時間を会社に売っているのである。その対価として給料が出る。成果を出せばボーナスが出る。ボーナスの考え方は会社によって差があり、必ずしも成果に見合うとは限らない。一日中ぼんやりしていても会社のデスクにさえいればその分の給料が出る。年をとり、社歴が長くなれば給料が上がる。
フリーランスエンジニアは企業に対し成果を売る。与えられた仕事に1時間かかろうが、10時間かかろうが、対価は変わらない。昼まで寝ようが、平日に遊ぼうが、決められた金額で決められた納期までに決められた成果を出すのみである。もちろん仕事をとれずにぼんやりしていれば収入はゼロである。年をとっただけでは収入はあがらない。

おすすめ記事ピックアップ

フリーランスエンジニアという働き方

フリーランスエンジニアという働き方 終身雇用という言葉が死語になり、「社畜」という新しい単語が生まれた。そんな時代に、会社員・サラリーマンエンジニアとして働くその生き方に比較しながら、フリーランスエンジニアという働き方・生き方について、あらためて考えてみたい。フリーランスエンジニアとして生きるとは、会社員として生きることとどう違うのか?

スマートフォンアプリで成功-フリーランスエンジニア成功体験談-その1

スマートフォンアプリで成功-フリーランスエンジニア成功体験談-その1 スマートフォンアプリ開発が人気だ。javaプログラマーとしてAndroidアプリの開発に携わったことをきっかけに、スマホアプリの開発に可能性を感じ、独立を決意したフリーランスエンジニアが、苦労を重ねながらも年収700万を稼ぐにいたるまでの体験談を紹介する。

(デメリット)立場の弱さ-フリーランスエンジニア成功体験談-その2

(デメリット)立場の弱さ-フリーランスエンジニア成功体験談-その2 地方の小企業から心機一転、その幅広い知識と安定した技術力、そして豊富な経験を武器に、都心部でフリーランスとなり、エンジニアとして正攻法で成功を収めたフリーランスエンジニアが語る、フリーランスの立場の弱さについて。フリーランスには、自分の身を自分で守るスキルも必要である。

ページトップへ

Copyright © 2014 フリーランスエンジニア成功への道 All Rights Reserved.